FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟の夜の食事

酒の陣の1日目の参加が終わり、夜の街へ。やはり、日本海の魚ということで、ホテル近くの寿司屋さんへ

南蛮海老の自家製醤油漬け

正式名称はホッコクアカエビ。九州では甘エビですがこちらでは南蛮エビと言われているようです。
比較的大ぶりですが甘い甘い。酒の陣の会場では、5,6尾で400円で活海老で売っていました。

ホッキ貝のバター焼き


これは、丼のセットで1400円だったと思います。

南蛮海老、スズキ、何とか鯛(忘れました)、いくら。


小さく刻んでいるのはハタハタの醤油漬け。奈良漬ではありません。


ふぐの卵巣の粕漬け



粕漬けというより、醤油味醂漬けといったとこでしょうか。

こちらはノドグロ


長崎ではアカムツと呼ばれていますが、脂がのっていて。骨までチュウチュウしゃぶってしまいました。

これはノドグロ丼  会場で販売していたもの

ノドグロを半生で焼き、上からバーナーで焦げ目をつけています。塩が振っていて、レモンをかけて食べました。
ノドグロが甘いので塩だけで十分に食べられます。


他にもあったのですが、酔っ払うと写真を忘れてしまいます。
やはり現地の肴には現地の酒がよく合います。

お酒のメニューの特徴は、ここだけなのかどうかわかりませんが、蔵元のお酒を醸造酒から、大吟醸酒までそろえているということ。好み(懐具合)で飲むことができます。


この日は新潟市のホテル飲食店どこも満席。
でも一番、お客さんが入っていたのは最後に行ったサイゼリアだったような。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。